医院からのお知らせ

管理栄養士のコラム「 ’’一人一人のいのち輝く毎日の食事’’」9

◯年初めに断食のすすめ

24節気では、今の季節は小寒から大寒へと寒さに向かっていく中にあります。外気温が下がると私たちの体は自然と脂肪を溜め込もうと働き、普段の食事においては、いつもより油っぽいものを選んで食べがちになります。

旬として出回ることもあるのですが、例えば魚だと、冬には深海魚や脂の乗ったもの(たら、かれい、マグロ、ほっけや冬ガキなど) を食べることが多く、肉や乳製品などでは家畜も油脂の割合が高い乳を出したりすると言われています。

自然と脂肪を溜め込む働きなので、冬に本格的な減量はあまり勧めていませんが、デトックスに関しては別です。それというのも、脂肪には重金属を溜め込みやすい性質があるからです。重金属とは、水銀、鉛、ヒ素、カドミウム、ベリリウムなどのミネラルです。これらは、産業によってだされた排気ガス、光化学スモッグ、pm2.5などが土や海水に入り込んだもので、空気や食べ物を通して体内に入ってきます。

そこで断食ですが、体に溜まった脂肪を分解することで有害ミネラルを排出することも可能と言われており、定期的に断食を行うことは、体に溜まった重金属などをデトックスできる、イコール健康維持、予防医学の観点からもとてもおすすめです。

また時期的に、年末年始は暴飲暴食になりがちなイベントなどもたくさんあったり、休みを挟むことで日常の生活環境が変わり、食べ過ぎたり運動不足となることがあるかもしれません。体にとって負担のかかる悪循環な流れのスイッチを変えるきっかけにも、年初めの断食はぜひトライしていただきたいなと思います。

では、実際にどうやるの?と興味を持たれた方は、いくつかある中の1番のおすすめを書き出しますので、下記を参考にされてください。

何を使ってどのように

コールドプレスジュースのみで過ごす
1)3日間。前後1日間で準備と回復の期間を持つ
2)5日間。前後2日間で準備と回復の期間を持つ

◯おすすめの日数は?

ジュースなど液体のみで固形物が入っていないもので断食を行うと、大体3日目くらいから脂肪の分解が行われるので、おすすめは3日以上。初めての方は3日を目安に。また、甘い味のジュースを選ぶと脂肪の分解に時間がかかるなど、差はあります。

◯コールドプレスの野菜ジュースが手に入らないなどの場合のおすすめは?

野菜スープを作ってそれのみで2〜3日間過ごす。ということでもプチ断食は可能です。→野菜スープには固形物が入っているので、脂肪の分解には時間がかかりますが、水溶性食物繊維やファイトケミカルが豊富に含まれており、腸内細菌のバランスを整える、体内の活性酸素を除去するなどの働きが期待できます。もちろん、動物性の食材は除去してください。

◯前後食について

断食の前後の食事もポイントです。この期間中は動物性のもの(肉・魚・乳製品・卵など)や、カフェイン、アルコールを排除した食生活をしてください。

◯その他注意すること(下記の方々はおすすめしていません)

妊婦さん、授乳中のママ、小さな子供にはおすすめしていません。疾患をお持ちで病院に通っている方は、事前に医師などに相談の上行ってください。

◯ コールドプレスジュースのおすすめ店舗

Sky High Juice Barホームページより

◯ スープのおすすめ本サイト:乳製品が冬に濃くなる

関連記事